Welcome Visitor  
メニュー
検 索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録  ヘルプ
アクセスカウンタ
今日 : 1047104710471047
昨日 : 2957295729572957
今週 : 1489614896148961489614896
今月 : 1293912939129391293912939
総計 : 5521625552162555216255521625552162555216255521625
平均 : 1413141314131413
用具取扱店

少年野球の野球用品専門店【少年野球応援店野球少年KAZU】

ブログ - 20130710のエントリ

嫌われ者になろうとも

カテゴリ : 
野球
執筆 : 
Blogger's Avatar  2013/7/10 8:00

夏の高校野球東京都大会が始まりましたね。

野球を続けているOBの名前を、今年も松島さんが新聞で嬉しそうに目を細めながら確認していました。
現在の高校3年生は中野ロイヤルズでは25期生にあたります。

この代のキャプテンは佐藤君。
先代のキャプテン尾藤君とはまた別の真面目さを持った選手でした。
真面目さの中にも少し遊び心のあった尾藤君、よりタイトで厳しい佐藤君、そんな感じの選手でした。

よく松島監督が「キャプテンはみんなに嫌われる位じゃないとダメ」と言いますが、一つ下の代の息子が野球から帰って「あのクソメガネザルがっ!」と佐藤君の悪態をついているのを見ると「キャプテン頑張ってるなぁ~」と感じたものです。
最近知った話ですが、当時江古田の森公園で選手だけで素振りをする習慣があって、佐藤君がキャプテンになりたての頃にやはり江古田の森公園で約2時間素振りをしたそうですが、全員無言で黙々と2時間ひたすらバットを振り続けたらしく、息子曰く「ロイヤルズの強烈な思い出のうちのひとつ」らしいです。

当時は中野区も5チーム有り、余裕を持って上部大会の出場権を獲得出来る状況ではありませんでしたが、この代から全日本・関東・東都の公式戦3大会出場権獲得の連続記録が始まりました。

しかし今よりも格段に上部大会での試合経験が少なかった選手達は、散々な結果でした。

全日本東京都大会の1回戦 葛西ユニオンズ戦に敗れ、ミーティング後にケープシニア対小平クラブの試合を観戦する中、一人うずくまり肩を震わせていた佐藤君の後ろ姿を、私は今でも忘れることがありません。

間もなく次期キャプテンの選出時期です。
どの選手よりも辛く苦しい重責を背負う背番号10番。
一度引き受けてしまえば、一切の言い訳が許されません。
そしてキャプテンの取り組む姿勢が、その代のチームに色濃く反映します。

善いも悪いもキャプテン次第!

嫌われ者になろうとも、チームを想い強い心で自分と仲間を厳しく律することの出来る新キャプテンを心の底から期待しています。

ブログ カレンダー
« « 2013 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
カテゴリ一覧
ブロガー一覧
アーカイブ
最新のエントリ
ブログのトップへ